CBDが睡眠と起床、不安を改善するデータ

 

  • 起床時間になっても起きれない。
  • 就寝時間になっても眠れない。

そういう睡眠の問題を抱えていませんか?

このような問題は、人間が本来持っている24時間周期の体内時計が狂ってしまっていることが原因として考えられます。

睡眠と起床のタイミングを整えることで、日常生活において社会的な信用を失うことを防ぎ、心身ともに健康的で、睡眠不足や疲れのない毎日を過ごしていくためのポイントを解説をしていきます。

 

太陽光は体内時計のズレを正常な状態に戻す

人間は朝起きて夜は寝るという体内時計を持っていますが正確ではなく、毎日少しずつズレが発生してしまいます。

このズレをリセットするのが太陽光で、脳の松果体から分泌される眠りを促すホルモン『メラトニン』を抑制します。

メラトニンの分泌を抑制する一方で、太陽光は『セロトニン』という覚醒を促すホルモンを分泌させます。

『セロトニン』は、トリプトファンというアミノ酸が原料で、覚醒を促すほかにも精神や心のバランスを整えたりします。

太陽光を浴びる以外でも食事や運動でも「セロトニン」は分泌され、体内時計を自らがコントロールできる正常な状態に保つことが出来ます。

 

生活のリズムがくるってしまうと

生活のリズムがくるってしまうと、睡眠障害はもとより自律神経の乱れで肌荒れや消化系などの体調不良になりやすくなったり、最悪の場合は精神疾患や身体疾患にもつながるかもしれません。

 

等が考えられます。

 

若者は早起きが苦手・年寄りは朝が早い理由

若年層の方は、『夜遅くまで目が覚めて夜更かしできるけど、朝起きるのがすごく苦手』逆に老年層の方は、『夜更かしは辛く眠くなり、朝は早く目が覚める』という傾向があります。

 

これは、私たち人間が持っている1日の体内時計は、ピッタリ24時間ではなく少しずれた周期『概日リズム』(カーサディアンリズム)を持っています。

この『概日リズム』の周期の長さが若年層と老年層では少し違い、若年であるほど長く老年層であるほど短いことが分かっています。

ですので、若年層は眠りにつく時間が遅くなるため朝も遅く起きる「夜型」になりやすく、老年層は、眠りにつく時間は早いため朝も早く起きることができる「朝型」が多いと言われています。

ちなみに概日リズムが整うと

  • 入眠と覚醒の時間をコントロールできる。
  • 朝は決められた時間に起きることができ、夜も決められた時間に眠りにつくことができて、良質な睡眠を充分とることができる。

 

まずは、生活習慣の見直しから

先にもいいましたが、光を浴びることで体内時計がリセットされますので、朝起きたら太陽の光を浴び、可能であれば軽くウォーキングなどを取り入れて、脳と体をしっかり目覚めさせセロトニンを分泌させましょう。

朝食事をとることで体は活動を始めますので、しっかり朝食をとることをお勧めします。

 

就寝前には、体内時計を乱さないようにするために強い光を浴びないようにし、パソコンやスマホの使用は避けて部屋の電灯も暗めにします。

バランスの良い食事と良質な睡眠が出来ていると、体の免疫力も高まりウイルスにも負けない体づくりの一助となります。

 

 

 

私も朝起きが苦手で悩んだことがありました。低血圧も手伝って本当に辛かったことを思い出します。

しかしここ数年は、CBDのおかげでタイマーが鳴るとすぐに起きられます。時々タイマーが鳴る前に目が覚めてしまうこともあるくらいです。

 

タイトルとURLをコピーしました