CBDってなに? THCと合わせて知っておきたい正しい知識

 

CBDってなに?という質問にお答えいたします。

CBD(カンナビジオール)は主に産業用の麻から取れる神経伝達物質の成分の一つで、神経伝達物質不足による人体の不具合を正常化し改善させます。

同じように麻から取れる、THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)は主に嗜好用の麻から摂れる成分で違法となります。

CBDとTHC、その2つの体に及ぼす違いは何なのでしょうか?

 

 

THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)

THCは、酩酊状態や多幸感、興奮、覚醒、精力的、気分の低迷、幻覚などの精神活性作用を引き起こします。

脳への作用が大きい神経伝達物質の成分の一つで、日本国内では違法な物質になります。

このTHC成分を多く含んだ物質として有名なのが、幻覚や多幸感と言った作用を引き起こす違法薬物「マリファナ」です。

ちなみにTHCが0.3%以下の製品は、違法薬物となりません。これは摂取しても精神作用がないと認められた国際基準となります。

 

CBD(カンナビジオール)


CBDとは、脳に影響を与えるといったTHCとは異なり中毒性はありません。

リラックス効果、睡眠改善効果、炎症や痛みを和らげたりといった体へのよい作用があり、精神活性作用がありません。

産業用や医療用として幅広く使用されており、日本国内でもCBDの所持は合法です。

既に米FDA(食品医薬品局)は、CBD成分由来成分の難治性てんかん薬としてEpidiolex(GWファーマシューティカルズ)が2018年の治療薬として承認しています。

CBD先進国であるアメリカでは20000件以上、日本でも臨床研究が計画されており、医師らで作る日本臨床カンビノイド学会などでもその安全性が提唱されています。

精神作用のない産業用の麻(ヘンプ)由来の成分の本格的な研究はここ10年ほどで、まだまだ解明されていないことが多くあり、CBG(カンナビロゲール)など新たな薬理効果の発見が報告されています。

 

CBDに対する偏見

残念ながら、同じ麻由来ということで世間では「危険な合法ドラック」などの認識があります。

よく言われる「ハイ」(気分の高揚)にならず、重篤な副作用の報告もありません。

続けて使用していると、より成分濃度の強いマリファナなどへの摂取につながる“ゲートウェイドラッグ”などという方もいるようですが、CBDとTHCは全くの別物で依存性(中毒性)はありません。

実際、数年前から安眠のためCBDオイルやCBDVape、CBDグミを摂取していますが、依存性を感じたという報告は全くありません。

 

CBDは、目覚めた時の疲労感や眠気そして不安を軽減・改善します。

CBDへの関心は幅広い疾患を改善する効果があり、爆発的に高まっていますが、国内での臨床研究はほとんどありません。

海外では、不安を持っておられる方、睡眠に問題を感じておられる方を対象にした臨床結果が公表されています。

結果は、平均してほとんどの方の不安と睡眠は改善され、これらの改善は長期にわたって持続したという結果です。

 

出典元:Cannabidiol in Anxiety and Sleep: A Large Case Series

Anxiety(不安)、Sleep disorder(睡眠障害)nは非検体数

HAM-A =不安評価尺度、PSQI =睡眠品質指数

違法成分を含まない安全性の高いCBDを

 

現在、CBD製品のほとんどが海外からの輸入された製品です。

個人輸入や正規の手続きを踏まず、国内へ持ち込まれたものの中にはTHCが既定の含有量(0.3%以上)以上含まれているものもあります。

また、FDAの検査で、重金属、残留農薬、微生物混入、表示よりもCBD含有量が少ないものが明らかになり安全性への懸念が危ぶまれています。

当サイトでは、大麻取締法や税関・保健所などの法律をクリアし、定められた正規の手続きを踏み国内で合法、そして信頼できるサイト・業者(ショップ)様の製品のみ紹介しております。

 

タイトルとURLをコピーしました